robots.txtをアップロードしても反映されない

広告


robots.txtの確認方法

サーチコンソールに「robots.txt テスター」という専用ツールが用意されている。
Googleに急ぎ知らせたい場合は、「robots.txt テスター」で送信すればいい。
送信しなくても定期的に確認されるものと思われる。

自作のrobots.txtをアップロードする場所は、ルート直下でありこれは共通事項です。
アップロードしたrobots.txtが、「robots.txt テスター」に反映しないとなると、robots.txtの設置場所を間違えている可能性が高い。

広告


その場所は本当にルート直下か

まずは利用しているレンタルサーバーの提供情報を確認すべきだ。
robots.txtを必ず利用できるとも限らない。
またレンタルサーバーによって仕様が異なる場合がある。

当方ではwpxサーバーを利用している。
ルート直下にアップロードした(つもり)がいつまでも反映されなかった。
wpxサーバーでは、仮想ディレクトリ的な構造が用意されていて、ルートディレクトリに見えるものがルートディレクトリではなかったのだ。

wpxサーバーでの設定方法

wpxサーバーの初期設定では、/wp-content/を仮想ルートとしている。
アップロードしたrobots.txtを機能させるためには、FTP接続先フォルダを仮想ルートから変更する必要がある。

FTPアカウント設定 | wpXレンタルサーバー

結局のところ、ftpをたまにでも使うなら仮想フォルダの設定は外したほうがいい。

広告