WordPressの記事のステータスについて

諸事情により、削除ではなく記事の編集をしたい場合がある。
内容が正しくなかったと思っているわけだから、記事を一度引っ込めたい。
ゴミ箱に捨てると編集はできない。
さてどうするか。

下書き

ステータスを下書きに戻せばいいのではと当初は思っていた。
そのサイトの記事構成からは確かに消える。
しかしurlが生きているのだ。検索エンジンへの登録も残ったまま。
つまり、下書きの編集途中で保存したとして、その未完成記事はそのまま公開される。
下書きは公開前に限り、下書きなのである。

非公開

ステータスを非公開にすれば目的を果たせる。
これが非常にわかりにくい機能ではあった。

ログイン状態の人にだけ表示されるというものなのだ。
表示されているのに非公開とはこれ如何に、と思っていた。
第三者には表示されないのでした。

記事編集の際は、ステータスを非公開にせよ。
以上です。