metaタグの設定

metaタグで有効と思えるものを紹介。
設定は任意で、状況により使い分けたらいいと思う。
「All in One SEO Pack」→「一般設定」→「詳細設定」。
投稿ページや固定ページのヘッダーに、今回はmetaタグを指定してみる、という話である。

なお現投稿時点の「All in One SEO Pack」では、カテゴリーページには指定できないようだ。

広告


ブラウザにキャッシュさせない

ブラウザにキャッシュを残させない方法。
2018年5月現在では以下の二行を併記するのがよいようだ。

<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">

広告


検索結果としてのキャッシュを表示しない

例えば、Google検索結果などでキャッシュ表示されるが、そのキャッシュが古い状態でいつまでも表示される場合がある。
訂正前の記事が検索結果として表示されるのは不本意だろう。
気になる場合は、このキャッシュ表示自体を拒否する事が可能。
なおキャッシュ表示の可不可は、ページ評価とは無関係との事。

<meta name="robots" content="noarchive">

広告