No Category Base (WPML) 使わなくなった理由

categoryをurlから消すプラグイン

No Category Base (WPML)。
通常カテゴリーページは「https://~.com/category/ai/」のようにcategoryの文字が入る。
このcategoryを消して「https://~.com/ai/」のように表示する。
このプラグインを使わないことにした。

プラグインを外すと個別記事が404

このプラグインを外したら個別記事が表示されなくなった。
あせったね。やられたーですよ。
でも対処方法はあって、WordPressの基本設定により修復できる。

設定→パーマリンク設定。
特に変更の必要はなく、そのままの状態で「変更を保存」をクリック。
これでOK、表示されるようになる。

理由

使わないことにした理由。

  • urlにcategoryの文字が入ってもSEOには、ほとんんど影響しないと体感的に判断した。
  • 検索時にcategoryを加えることでカテゴリーの登録状況を簡単に把握できるというメリットもある。
  • バグあるいは他への影響などの報告が、ネット上に少し見られる。
  • url構造を根本的に変換するので、想定しないバグが生じる可能性が将来的にもありうると思った。