スリープのタイマーを長めに設定する

パソコンがスリープするまでの時間を指定できる。
通常は最長で5時間までとなっているがコントロールパネルの電源オプションからさらに長く設定できる。
自分は今、12時間に指定している。

長めにした理由

スリープは「Windows Update」との相性が悪いと思う。
自分は、スマホのテザリングを使用しているため、読み込みが貧弱なわけ。
Updateの最中にスリープするのを避けるために長めに設定している。

立席の時はロックを使えばいいし、必要に応じて手動スリープなど使い分ければいいだけのことだからだ。

電源ボタンの動作を選択する

自分は、電源ボタンにスリープをあてがっていたがやめることにした。
ロック派ということです。

でも電源ボタンにロックをあてがうことができないので。ディスプレイオフをあてがうことにした。
当然、ロックのタイマーは短めでなければならない。
自分は自室でしか使わないので10分くらいにしている。

ブルースクリーン対策

これらはブルースクリーン対策として、自分が試しているものです。
「Winsows 10」に無料更新してから、ブルースクリーンエラーが頻繁に出ることになった。
「Windows Update」と関係があると感じているので、このようにスリープを嫌うようにしました。

若干、改善されているような気がします。
ブルースクリーンエラーが起きると保存していない作業データが吹き飛びますね。
マイクロソフトは使えないね。