SMSなしでTwitterの2段階認証

今はSMSなしでもTwitterの2段階認証ができるようだ。
例えば、SMSなし050でも、2段階認証可能という事。

以下はスマホのTwitterアプリでの設定。
つまりスマホにTwitterアプリがインストールされている事が前提。

広告


ログイン認証

電話番号登録をあらかじめ空(カラ)にリセットしておく。
「設定とプライバシー」→「アカウント」→「セキュリティ」→「ログイン認証」。
Twitterパスワードの入力。

ここで改めて電話番号の登録。
「電話番号の照合と通知を許可」はチェックを外す。
「コードを送信」をタップ。

認証コードの入力を求められるが、送信せずに「コードが届きません」をタップ。
「自動音声通話で受け取る」ボタンが出現。
タップして電話で認証コードを受け取る。
認証コードの送信。

バックアップコードを取得しておき別のデバイスに保存する。

広告


Google認証システム

2段階認証アプリを利用すれば、ログインの際、通信しないで済むのでオススメ。
Google製アプリ「Google認証システム」(Google Authenticator)を使用する。
あらかじめ「playストア」で入手インストールしておく。

「設定とプライバシー」→「アカウント」→「セキュリティ」。
「モバイルセキュリティアプリ」というメニューが出現。
Twitterパスワードの入力。
そのスマホでよいなら、「今すぐ設定」をタップ。
キーを保存。
Twitterアプリに戻り、セキュリティアプリによる初認証を完了させる。

「モバイルセキュリティアプリ」にチェックが入っている事を確認する。
以上です。おつかれさま。

広告