枝野党首が伊藤詩織さん事件を追求しない理由がついに

枝野党首が伊藤詩織さんの件(準強姦罪もみ消し疑惑)の追及に足踏みする理由がついに!?
2017年12月18日のFCCJ会見に注目してみた。

中村格を守り抜く!!

勘違いされてる方が多いので、前もって言っておく。
Twitterの本文は枝野党首が発言したとは書いておりません。
このような心理が働いたのでは、といういわば私見であります。

結局、立憲民主党として、このレイプもみ消し疑惑を追及していく考えはあるか、という質問に対してですが。

国対、国対って、ちょっと。

リツイート数の割には多くのレスをいただいた。
その一部を以下に紹介していきます。
多くの方がいつまでも、伊藤詩織さんの事が心に引っ掛かっている。
そして「なぜ野党は追及しないんだ」と不満に思っているはず。

引用リツイート

田中格さん、スイマセン。

 

いったい何をニギニギされてるんだ?

 

返事はもらえましたか?

 

上杉隆氏はかねてから立民の消極姿勢を批判している。

 

友達だから、友達だからこそなんだ。

リプライ

女性(たぶん)からのご意見。

 

義兄弟であっても許されない。

 

同感、最も優先されるべきでは。

 

ごもっとも。

関連ツイート

枝野党首は「山口敬之」に対しては呼び捨て。
比べて中村格に対しては、「中村格さん」と「さん」付けして敬意を払う。
そして最後に「国対におまかせ」と結んだ。

 

最後は、この方に締めてもらいましょう。