サイドバーなしの方が評価される?

見た目のよさと、自分としての利便性から2カラムを選んだのでした。
でもSEO的にはマイナスの存在ではないかと感じてきている。
Googleの中の人もサイドバーリンクに対して厳しい目で見ている、という記事も見受けられる。
一つ感じるのは、Googleは小細工によって評価アップをはかる方法を嫌う。
もう一つには、何に関しての情報かわかりやすいものを好むと思う。

サイドバーが評価されない理由

何と言っても、本記事と関係ない情報が、機械的に毎回一定量載るということだ。
しかもそれがリンク形式なのだ。
昔はこの方法によってキーワードを主張する方法が有効だったかもしれない。
でも今は、あるいは今後、小細工として捉えられ憎しみの対象になる可能性を否定できないと思う。
サーバ負荷としても評価されないだろう。

不要な文字情報ともとれる

例えば、サイトカテゴリーとして「SEO」があったとする。
サイドバーに記事ごとに「SEO」の文字が入るわけ。
でも他のカテゴリーでは、「SEO」は関連が低いワードなわけです。
そうすると、これは余計な情報ということになるわけ。

検索時に、あのサイトで「SEO」関係の記事を探したいと、ある人が考えたとする。
そしてサイドバーにカテゴリー名「SEO」が毎回表記されているのだ。
「SEO」のワードで検索するわけだけど、すべての記事がマッチングする。
これはGoogleとしては、嫌がると十分に考えられる。
検索エンジンとしての精度は高めたいだろう。

内部リンクが目立つとというメリット

内部リンクは記事文中に適宜埋め込めばいい。
余計なサイドバーリンクがなくなることによって、文中の内部リンクがより際立つ。
少なくとも読み手には、その内部リンクは有意義で目立つものとなるだろう。

以上、SEO仮説でありました。
実際、サイドバーは外します。