301リダイレクトはもう使わない

リダイレクトで、Googleは301リダイレクトを推奨するという。
これ正直言って納得がいかない。

301リダイレクトキャッシュの削除方法は最下方で説明する。
この記事はサイト運営者に送るもので、一般閲覧者に送るものではない。
しかし単にページ毎にキャッシュを消す方法としても、もちろん有効です。

広告


リダイレクトによるキャッシュ

リダイレクトは自動的にページ転送するという意味で、種類は301や302などがある。
その301リダイレクトの際に、Chromeで閲覧した場合(に限り?)、半恒久的なキャッシュを残す。
このキャシュは、通常のキャッシュ削除の動作では消すことができない。

それは一度301で飛ばすと、その閲覧者に限っては、その元のurlは半永遠的に使えない、ということを意味する。
人様のブラウザに、半恒久的なキャッシュを残す命令は出したくない。
そもそも恒久的な移動なんてあるのだろうか。
Googleの考え方に問題があると思う。

広告


302がおすすめ

urlを変えてくれるな、とGoogleは言ってるのだと思うけど、やり方がはっきりおかしい。
では301以外に方法があるかだが。
聞くとこによると302が使えなくもないという話だ。

  • 302はキャッシュを残さない。
  • 302がページ評価を渡さないというのは昔の話で、今は渡す。
  • 302が長期間続く場合、Googleは勝手に301と解釈するらしい。

302で長期間なら、キャッシュを残さずに同じ効果が得られるという事だと思う。
一応リンクジュースは渡すと言ってるんだから、一定期間は302で、後日古い方を消せば効果があるのでは。

WordPressは自動的にurl変更し移動する機能がある。
WordPressの場合、もしかしたら特別な処理は必要ないのかもしれない。
いずれにせよ、301は使う気しない。
内容が伴っていれば、いずれ人は来るのだろうから。

Chromeで301キャッシュを消す方法

Chromeで特定ページのキャッシュを消す方法は存在するので説明する。
ただ各閲覧者がブラウザ操作するしかないので、サイト運営者の側でコントロールする方法はないと思う。

  1. Chrome右上からデベロッパーツールを開く。
  2. Networkタブを押す。
  3. すぐ下の「Disable cache」にチェックを入れる。
  4. デベロッパーツールを開いた状態で301キャッシュされたurlをたどる。

今回紹介した「Disable cache」にチェックを入れる方法が万能です。

あるサイトでは「キャッシュの消去とハード再読み込み」による方法が紹介されていた。
しかし、その方法だとキャッシュ削除できないパターンがある。

広告