301リダイレクトはもう使わない

301リダイレクトをGoogleは推奨しているという。
これ正直言って納得がいかない。
サイト単位で引っ越しする場合に限った話なんだろうか?
ページのurl変更でこの301は使えないと思う。

この301ってChromeでは半恒久的なキャッシュを残しますよね。
人様のブラウザに半恒久的なキャッシュを残す命令は出せないです。
そもそも恒久的な移動なんてありうるわけない。
それを具現化しようとするGoogleは頭いかれてんよ。

何も知識がないこれから始めるウェブマスターを嵌め込んでるわけだよ。
一度301で指定すると、そのurlはその閲覧者に限り永遠に使えない。
もう一度言う。
SEO的には301推奨だと言っておいて、Chromeだけ恒久キャッシュにするのは、素人を嵌め込んでいる。
そして閲覧者も、とても迷惑を被る。

302がいいだろう

Googleはurlを変えてくれるなと言ってるわけだと思うんだけど、やり方がはっきりおかしい。
で301以外に方法があるかだが。
聞くとこによると302も使えなくもないという話だ。

  • 302はキャッシュを残さない。
  • 302がページ評価を渡さないというのは昔の話で、今は渡す。
  • 302が長期間続く場合、Googleは勝手に301と解釈するらしい。

というわけで302で長期間ならキャッシュを残さずに同じ効果が得れるということだと思う。
短期だとどうなんだろう。
ページ評価を渡すとはどういう流れでどういうプロセスを踏むんだろう。
肝心なところがよくわからない。
一応何かは渡すと言ってるんだから、一定期間302で後日古い方を消せば少しは効果あるんじゃないのか。

WordPressは自動的にurl変更しますよね。
WordPressならもしかしたら、特別な処理は必要ないのかもしれない。
Redirectionで302と、どちらがいいんだろう。
いずれにせよ、301は使う気しない。
内容が伴っていれば、いずれ人は来るんだろうから。

Chromeで301キャッシュを消す方法

Chromeで特定ページのキャッシュを消す方法は存在するので、載せておきます。
ただ各閲覧者がブラウザ操作するしかないので、サイトオーナーの方でコントロールする方法はないと思う。

  1. Chrome右上からデベロッパーツールを開く。
  2. Networkタブを押す。
  3. すぐ下の「Disable cache」にチェックを入れる。
  4. デベロッパーツールを開いた状態で301キャッシュされたurlをたどる。

あるサイトでは「キャッシュの消去とハード再読み込み」による方法が紹介されていました。
その方法だと、キャッシュ削除ができないパターンがある。
今回紹介した「Disable cache」にチェックを入れる方法が万能です。