スマホアプリのインストールは用心深く

Googleによると、Android?つまりスマホがウイルス感染することはないという話でした。
要するにアプリからしか感染経路がない。

提供元不明のアプリの設定

周知の事実と思いますがあえて書きます。
提供元不明のアプリのインストールを許可しないようにしておかなければならない。
サイト等で何かをクリックさせるのは容易なのです。
この点さえ守っておけば、スマホの損失や、意図しない情報漏えいなどは防げる。
設定→セキュリティ→提供元不明のアプリ。
これをオフにし許可しない状態にします。

Google Play は安心のブランドではない

Google Playから偽物アプリにより200万人がマルウェア感染。
このようなマルウェアを、「FalseGuide」という。

Googleに責任があるかと思いきや、インストールするかはユーザー責任であるとしてノータッチのようだ。
「所詮この程度の会社ですよ、Googleなんてのは」
と誰かが言ってるかもしれない。
アプリの選択時点で、ユーザーが注意せねばならない。

アプリ名とその提供元が、正確に合致することを確認しよう。
さらに、ユーザー数のみではなく経過時間もチェック。
ある程度の期間において使われ続けているものを選べば、リスクは少し減るかと。