「はい」だけでOK 新しい2段階認証

「はい」だけになりました。
そんなわけないだろうと思ったら本当に「はい」だけだった、という話。

メリットは、パソコンなどでGoogleアカウントからログアウトしやすくなったこと。
デメリットは不明で、なぜ最初からそうしなかったのか?

広告


2段階認証は設定したほうがいい

Googleアカウントに紐付けされたサービスを多く利用している人。
その人は乗っ取り対策したほうがいいよね。
メールだって他人に見られたくないでしょ。
まれだろうけどパソコン盗まれた場合も有効に働く。
それがより簡単になったというのだから設定してみてはいかがですか。

広告


Googleからのメッセージを選ぶ

ポイントとしてはこの画面になる。
先に2段階認証を済ませているものとする。
その前提で再び2段階認証プロセスに入ったのがこの画面だ。

真ん中の「Googleからのメッセージ」が新2段階認証にあたる。
電話番号を追加をクリック、あとは指示に従えばいい。
完了後は「はい」だけでログインできる。

「信頼できる」デバイスとは

2段階認証プロセスの最下方では、「信頼できる」デバイスの設定ができる。
私には最初、この部分の表記が分かりにくく感じたので説明する。

2段階認証は個別のデバイス(パソコンやスマホ)ごとに、信頼できるかどうかのステータスを付すことができる。
ログイン画面で、チェックマークと「このパソコンでは次回から表示しない」の一文が表示される。
チェックマークを付せばそのデバイスは「信頼できる」とみなされる。
以後は、数字の入力なしでそのままログインできるようになる。

上の画面で「すべて取り消す」という青字のリンクがある。
クリックすると、すべてのデバイスにおいて、この「信頼できる」ステータスがクリアされる。

keyとなるスマホが不測の事態で機能しない場合は、これをクリックしてはならない。
すべてのデバイスでログイン不能となることを意味する。

広告