フィルタで「OR」指定して振り分ける

最近、メール配信数が多いので整理することにした。
あまりにメール配信数が多い場合は先方の指示に従い、ある程度は送信自体をストップさせる事も必要だろう。

ラベル設定のコツ

例えば、Googleからのメールが多いので、それを一箇所に集める意味でラベルを用意する必要がある。
さらに重要なものと、そうでないものと、二つ用意すると整理しやすい。
Googleで言えば例えば、「Google重要」と「Googleゴミ」の二つを用意する。

フィルタ条件は送信元別が基本

フィルタ条件は送信元別に設定するのが基本となる。
「From」のボックスに、送信元メアドを入力。
「フィルタテスト」で確認し「次のステップ」へ進む。

オススメ設定は以下の通り。

  • 「受信トレイをスキップ (アーカイブする)」にチェック。
  • ラベルを選択する。
    「ラベルを付ける」にチェック。
  • 「このフィルタを下記のスレッドにも適用する」にチェック。

複数指定

送信元を複数指定することが可能。
「OR」でつなげばよい。半角であることに注意。

メアド① OR メアド②


スポンサーリンク