ブログカードって何よ? WordPress

もしかしてコレのことか?
いつからこうなっていた?

記事本文を見やすくする CSS

記述方法

今まで、aタグでリンクをはっていた。
urlだけはりつけたら、リンクになっていた。
何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった。

改行してからurlテキストをはりつけるだけ。
改行は「shift+enter」ではなくて「enter」の方。

注意点

個別ページだけかな、カテゴリーとかはできないと思う。
自サイトだけでなく他サイト(WordPressに限る)もOK。

ブログカードに変更しても、クリック率は伸びるとは限らないという噂だ。
使い所を考えよう。

あとリンク切れのチェックが、たぶんできない。
ということで、リンク形式はパーマリンク基本形を使ったほうがいいだろう。
各々のパーマリンク設定とは無関係に、パーマリンク基本形は使えると思います。
絶対パスのみ有効。

「https://ドメイン.com/?p=数字」

メリット

最大のメリットは、リンクテキストを記事タイトルにできること。
後にタイトル変更しても影響しないということです。

ブロックされたリソースでエラー

このブログカードとか言うの使ったら、サーチコンソールの「ブロックされたリソース」でエラーが出た。
画像の読み込みに失敗しているようだ。
robots.txtに一行追加で解決すると思われる。

Allow: /wp-admin/images/w-logo-blue.png

WordPressの記事のステータスについて

諸事情により、削除ではなく記事の編集をしたい場合がある。
内容が正しくなかったと思っているわけだから、記事を一度引っ込めたい。
ゴミ箱に捨てると編集はできない。
さてどうするか。

下書き

ステータスを下書きに戻せばいいのではと当初は思っていた。
そのサイトの記事構成からは確かに消える。
しかしurlが生きているのだ。検索エンジンへの登録も残ったまま。
つまり、下書きの編集途中で保存したとして、その未完成記事はそのまま公開される。
下書きは公開前に限り、下書きなのである。

非公開

ステータスを非公開にすれば目的を果たせる。
これが非常にわかりにくい機能ではあった。

ログイン状態の人にだけ表示されるというものなのだ。
表示されているのに非公開とはこれ如何に、と思っていた。
第三者には表示されないのでした。

記事編集の際は、ステータスを非公開にせよ。
以上です。

乗っ取り対策 WordPress

WordPressサイトの乗っ取りに備えよう。
初期状態のままではブルートフォースアタックを受けるリスクがある。
今回紹介するのは、その乗っ取り対策である。

投稿者の名前を変更する

WordPressは初期状態だと、ユーザー名が投稿者欄に表示される。
これは重要なログイン情報なのに、記事上にむき出しになる仕様だ。
この投稿者名の表示変更は急務である。

投稿者名を非表示にしたい人もいるのでしょうか。
投稿者名は、重要なステータスで、表示されている方が記事評価されると思います。

プラグイン「Edit Author Slug」の紹介。
「Edit Author Slug」をインストール。
これによりページソースにもユーザー名が残らない。
設定に関して。英字の設定画面はたぶん使わない。

まずは管理画面にログインします。
ユーザー→あなたのプロフィール。
ニックネームの登録場所があるので、あらかじめ登録しておく。
次に同じ「あなたのプロフィール」にある「Edit Author Slug」のCustomに同設定して完了。

パスワードを長いものに変更

WordPressログイン用のパスワードです。
初期パスワードがあまりに短い。
早速、長いものに変更しましょう。

ユーザー→あなたのプロフィール。
下の方にアカウント管理という項目がある。
「パスワードを生成する」ボタンをクリック。
最後に一番下にある「プロフィールを更新」ボタンで保存します。

WordPressでも2段階認証

WordPressでも2段階認証ができる。
「Google認証システム」を使う方法を紹介します。

Google Authenticator 設定

ftpにおけるリスク

今後サイト運営するということでしょうから、ftpを使用することもあるかと思います。
昔と違ってftpsとかsftpという用語が出てきてます。
暗号化したほうがいいよ、という意味だと思うんですが。
私は、「FFFTP」というソフトでftpsしています。
マスターパスワードも設定しましょう。

ftpって安全なものとはいえないらしい。
改ざんとか情報漏洩の話を聞きます。
私は詳しくないので、今回はざっくり説明。

私は以下のようにしています。
wpxサーバを使用しており、ftp使用許可のオンオフをサーバ設定で選択できます。
つまりftpを使用する時だけ、ftp使用許可をオンにするのです。

robots.txtをアップロードしても反映されない

robots.txtの確認方法

サーチコンソールに「robots.txt テスター」という専用ツールが用意されている。
Googleに急ぎ知らせたい場合は、「robots.txt テスター」で送信すればいい。
送信しなくても定期的に確認されるものと思われる。

自作のrobots.txtをアップロードする場所は、ルート直下でありこれは共通事項です。
アップロードしたrobots.txtが、「robots.txt テスター」に反映しないとなると、robots.txtの設置場所を間違えている可能性が高い。

その場所は本当にルート直下か

まずは利用しているレンタルサーバーの提供情報を確認すべきだ。
robots.txtを必ず利用できるとも限らない。
またレンタルサーバーによって仕様が異なる場合がある。

当方ではwpxサーバーを利用している。
ルート直下にアップロードした(つもり)がいつまでも反映されなかった。
wpxサーバーでは、仮想ディレクトリ的な構造が用意されていて、ルートディレクトリに見えるものがルートディレクトリではなかったのだ。

wpxサーバーでの設定方法

wpxサーバーの初期設定では、/wp-content/を仮想ルートとしている。
アップロードしたrobots.txtを機能させるためには、FTP接続先フォルダを仮想ルートから変更する必要がある。

FTPアカウント設定 | wpXレンタルサーバー

結局のところ、ftpをたまにでも使うなら仮想フォルダの設定は外したほうがいい。