Twitterカードを設定してみた

Twitterカードでヴィジュアル化すれば、クリック率が上がる。
Twitterアカウントを予め作っておく。

今回は、プラグイン「All in One SEO Pack」の使用を前提とする。
「All in One SEO Pack」→「機能管理」。
「ソーシャルメディア」で、Activateと表示されているならクリックする。
結果的には、Deactivateと表示変更させる。

「All in One SEO Pack」→「機能管理」→「ソーシャルメディア」。
当サイトではTwitterボタンはコードを直接入力している。
今回の各設定もそれが前提です。

ホームページ設定

「AIOSEOのTitleとDescriptionを使用する」のチェックを任意で選択。
今回はチェックを入れた。

その他の設定は入力しなかった。説明も割愛します。

Twitterプロフィール画像をTwitterカードに使用

次は「画像設定」です。
記事ごとに画像を用意するのが面倒なのでTwitterプロフィール画像をデフォルトにする事にした。
Twitterでアップした画像を、WordPressにもアップする。

  • 「デフォルトのOG:Image」のボタンをクリックして画像をアップする。
    成功すれば、ボックスにアップされた画像のurlが表示されます。
  • 「画像が見つからない場合はデフォルトを使用」にチェックを入れる。
  • 一番上の「OG:Imageソースを選択」だが、セレクトボックスが英語表示だった。
    Chromeでページごと翻訳する。
    今回は「コンテンツ内の最初のイメージ(First Image in Content)」を選択した。

その他の設定は入力しなかった。説明も割愛します。

Twitter設定

「デフォルトTwitterカード」は「要約」を選択。
Twitterプロフィール画像をデフォルトに設定したので、小さめの「要約」にした。

当サイトではTwitterボタンはコードを直接入力している。
その他の設定は入力しなかった。説明も割愛します。

Card validator で確認する

確認用サイトへ移動する。
Card Validator | Twitter Developers

任意の個別ページのurlを入力し、プレビューを確認して終了。
プレビュー反映に時間がかかる場合があるようだ。

他の方法はあるか(余談)

プラグイン「Twitter」は、Twitterが提供するプラグイン。
プラグイン「Twitter」でも「Twitterカード」が利用できるようだが、「All in One SEO Pack」の「ソーシャルメディア」の方がはるかにわかりやすい。
プラグインの「Twitter」と「ソーシャルメディア」の併用は、現時点では問題がないように見える。
プラグインの「Twitter」は、埋め込みツイートのカスタマイズ目的で導入しているが、将来は使用しないかもしれない。

metaタグの設定

metaタグで有効と思えるものを紹介。
設定は任意で、状況により使い分けたらいいと思う。
「All in One SEO Pack」→「一般設定」→「詳細設定」。
投稿ページや固定ページのヘッダーに、今回はmetaタグを指定してみる、という話である。

なお現投稿時点の「All in One SEO Pack」では、カテゴリーページには指定できないようだ。

ブラウザにキャッシュさせない

ブラウザにキャッシュを残させない方法。
2018年5月現在では以下の二行を併記するのがよいようだ。

<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">

検索結果としてのキャッシュを表示しない

例えば、Google検索結果などでキャッシュ表示されるが、そのキャッシュが古い状態でいつまでも表示される場合がある。
訂正前の記事が検索結果として表示されるのは不本意だろう。
気になる場合は、このキャッシュ表示自体を拒否する事が可能。
なおキャッシュ表示の可不可は、ページ評価とは無関係との事。

<meta name="robots" content="noarchive">