noindexの噂 サイトマップの噂

noindexの噂

  • noindexは、表示させないの意味らしい。
    実質的には、必要に応じてインデックスされているらしい。
  • 低品質コンテンツの改善を試みる場合、削除よりnoindexのほうが望ましい、らしい。
  • noindexなurlを、robots.txtでブロックしてはいけない。
    「Fetch as Google」でnoindexを認識させることが可能だ。
    サーチコンソールヘルプより。
    以上から、検索非表示のためにrobots.txtを使用するのはよくない、ということのようだ。
  • noindexなコンテンツにもリンクジュースは流れるらしい。
    この情報の真偽はとても重要と思う。
  • nextやprevの処理がなされているコンテンツの2ページ目にnoindexは不要、らしい。

サイトマップの噂

  • 原則として、noindexなurlをサイトマップにのせるべきでない。
  • サイトマップに載らないurlもクロールするが、スピードは遅くなる。

noindexとサイトマップに関する主な情報元。
海外SEO情報ブログ

関係ないキーワードを含めないことの効果 SEO

関係ないキーワードを含めないようにする努力。
これが存外意味があるかもしれない。

Googleの求めているのは効率。
求めている人に求めている情報を提供する。
だから状況によってはキーワードを含めすぎると、論点がぶれるとか、あるいはユーザーに錯覚させるとか、いろいろまずいわけよ。

Googleはストーカーのように、直帰率とかいろいろチェックしてるから。
クリック数が少なくて、しかもそれが更に錯覚を誘発させていたりすれば、ページ評価が下がるということは考えられる。

状況によって、含めてはいけないキーワードがある。
キーワードは絞れよ。
これが今回の仮説です。

目次プラグインはありかもな

目次つけてるサイトあるのは知ってた。
でも面倒くさそうに見えて、よくやるなぁと思うぐらいだった。
でも定番プラグインで、超簡単に実装できるのであった。

いや見栄えだけだったら、興味ないんだよね。
ところがこれ、どうもSEOに資するという噂が。
早く言ってよー、だな。

実際に導入してみたけど、他にもメリットあるね。
キーワードとか意識するし、編集にも少しヤル気でてきたよ。

評価を上げるタイトルのつけ方 SEO

体感的にはタイトルを変更するとページ評価は下がるね。
でも一生懸命書いた記事だから低いままなら、変化して評価される道を模索するしかない。
でも瞬間的には間違いなく評価が下がるので、追加編集と同時に行いたい。

リファレンスで勝負しない

弱小サイトがいきなり、系統だったリファレンスサイトに挑んでも勝つことはできない。
タイトルが単純すぎてはだめだと思う。

単純なタイトルだとアップした直後は評価がまあまあ高いが、すぐに下がってきてしまう。
たぶんクリック率で上下修正するのだと思うが。
徐々に下がって定着するよりは、少しずつ価値が上がって行くような方がいいのじゃないかな。

マトを絞る

Q&A、Qに対するAという形式が基本だと思う。
目的を想定したタイトルのほうがクリック率も上がり、評価が上がってくる可能性が高いんじゃないかと予想します。

難しい

これは今後、自分としても課題です。
試行錯誤しかないと思う。

キーワードの連呼効果はある?

自分のサイトが何を扱っているかを認識してもらうためには連呼しかないだろう。
例えば、SEOを語っているのだと認識させるためには適度にSEOと記述する。
と、思ったのだが。

出現率は効果ないらしい

効果ありだろ、と思いきや、噂ではなんか微塵もないらしい。orz
しかも連呼じゃない、出現率と言うようだ。
おれ日本語あまり得意じゃないんだ。

じゃあどうやって想定キーワードをGoogleに認識させるんだ?

カテゴリー記事のタイトルはとても大事だろ

これは間違いないだろ?
個別記事に毎回、カテゴリー記事へのリンクがつくよね。
これを見て、このサイトはこの分野のことを記事として扱ってるなと判断する。
カテゴリーの記事数が、サイトの方向性を示すと言えないだろうか。

ある程度の回数は必要だろ

Googleってそんな頭よくない。
出現が一回だと、たぶん見逃すよ。
実際バカじゃん、Googleって。

キーワード埋め込み過ぎは注意せよ、というのは信憑性高いね。
Googleはペナルティ課すのが好きだからね。

hタグに入れると効果があるのは、経験的に知っている。
他に効果的な手段があるのか、ネット調査など続行したいと思います。

サイドバーなしの方が評価される?

見た目のよさと、自分としての利便性から2カラムを選んだのでした。
でもSEO的にはマイナスの存在ではないかと感じてきている。
Googleの中の人もサイドバーリンクに対して厳しい目で見ている、という記事も見受けられる。
一つ感じるのは、Googleは小細工によって評価アップをはかる方法を嫌う。
もう一つには、何に関しての情報かわかりやすいものを好むと思う。

サイドバーが評価されない理由

何と言っても、本記事と関係ない情報が、機械的に毎回一定量載るということだ。
しかもそれがリンク形式なのだ。
昔はこの方法によってキーワードを主張する方法が有効だったかもしれない。
でも今は、あるいは今後、小細工として捉えられ憎しみの対象になる可能性を否定できないと思う。
サーバ負荷としても評価されないだろう。

不要な文字情報ともとれる

例えば、サイトカテゴリーとして「SEO」があったとする。
サイドバーに記事ごとに「SEO」の文字が入るわけ。
でも他のカテゴリーでは、「SEO」は関連が低いワードなわけです。
そうすると、これは余計な情報ということになるわけ。

検索時に、あのサイトで「SEO」関係の記事を探したいと、ある人が考えたとする。
そしてサイドバーにカテゴリー名「SEO」が毎回表記されているのだ。
「SEO」のワードで検索するわけだけど、すべての記事がマッチングする。
これはGoogleとしては、嫌がると十分に考えられる。
検索エンジンとしての精度は高めたいだろう。

内部リンクが目立つとというメリット

内部リンクは記事文中に適宜埋め込めばいい。
余計なサイドバーリンクがなくなることによって、文中の内部リンクがより際立つ。
少なくとも読み手には、その内部リンクは有意義で目立つものとなるだろう。

以上、SEO仮説でありました。
実際、サイドバーは外します。

301リダイレクトはもう使わない

リダイレクトで、Googleは301リダイレクトを推奨するという。
これ正直言って納得がいかない。

301リダイレクトキャッシュの削除方法は最下方で説明する。
この記事はサイト運営者に送るもので、一般閲覧者に送るものではない。
しかし単にページ毎にキャッシュを消す方法としても、もちろん有効です。

リダイレクトによるキャッシュ

リダイレクトは自動的にページ転送するという意味で、種類は301や302などがある。
その301リダイレクトの際に、Chromeで閲覧した場合(に限り?)、半恒久的なキャッシュを残す。
このキャシュは、通常のキャッシュ削除の動作では消すことができない。

それは一度301で飛ばすと、その閲覧者に限っては、その元のurlは半永遠的に使えない、ということを意味する。
人様のブラウザに、半恒久的なキャッシュを残す命令は出したくない。
そもそも恒久的な移動なんてあるのだろうか。
Googleの考え方に問題があると思う。

302がおすすめ

urlを変えてくれるな、とGoogleは言ってるのだと思うけど、やり方がはっきりおかしい。
では301以外に方法があるかだが。
聞くとこによると302が使えなくもないという話だ。

  • 302はキャッシュを残さない。
  • 302がページ評価を渡さないというのは昔の話で、今は渡す。
  • 302が長期間続く場合、Googleは勝手に301と解釈するらしい。

302で長期間なら、キャッシュを残さずに同じ効果が得られるという事だと思う。
一応リンクジュースは渡すと言ってるんだから、一定期間は302で、後日古い方を消せば効果があるのでは。

WordPressは自動的にurl変更し移動する機能がある。
WordPressの場合、もしかしたら特別な処理は必要ないのかもしれない。
いずれにせよ、301は使う気しない。
内容が伴っていれば、いずれ人は来るのだろうから。

Chromeで301キャッシュを消す方法

Chromeで特定ページのキャッシュを消す方法は存在するので説明する。
ただ各閲覧者がブラウザ操作するしかないので、サイト運営者の側でコントロールする方法はないと思う。

  1. Chrome右上からデベロッパーツールを開く。
  2. Networkタブを押す。
  3. すぐ下の「Disable cache」にチェックを入れる。
  4. デベロッパーツールを開いた状態で301キャッシュされたurlをたどる。

今回紹介した「Disable cache」にチェックを入れる方法が万能です。

あるサイトでは「キャッシュの消去とハード再読み込み」による方法が紹介されていた。
しかし、その方法だとキャッシュ削除できないパターンがある。

どのような記事を書くべきか SEO

よく聞く話では最初は記事数が必要なようなのです。
100記事が一つの目処だろうか。
仮に100記事でも結構大変そうだ。

ただ、だらだらと数揃えても評価されるとは限らない。
一生懸命調べ上げて自分なりの良記事を目指してもそれが評価されるとは限らない。
また予期せぬどうでもよさそうな記事が客を運んでくるときもある。

こういった現象の原因の一つは、Googleがバカだからなんだな。
苦労に比例して結果が出るわけではない。
ではどういった記事を書けばよいのか。

やはり自分の中で義務的に書いてると疲れちゃうと思う。
自分が楽しめるか、そうでないにしても書いてて辛くない分野であることだ。
結果が保証されるものでない限り、この思考が基本になる。

サイトパワーが弱いうちはトレンド記事はほどほどにしたほうがいいと思う。
些細な話でも恒久性のある記事のほうがサイトパワーに資すると予想する。
というのはそのとき限りの記事は、本当に後で来客スカスカになるので、なんか無駄なことしたなぁみたいな気分になってしまうのだ。

小さい話でも、人の役に立つ可能性がある記事のほうが、恒久性もあって、あとあとはその方がいいがろう。
それを前提にして、どの分野が好みかを考えればいいと思う。
WordPressのカテゴリーという構造は、自分の考えをまとめるという方向で役に立ちます。
カテゴリーをうまく分類して、各カテゴリーごとに需給を知ることがポイントだろう。

カテゴリーとタグの違い

WordPress

WordPressのカテゴリーとタグに関してである。
Googleは記事の重複を嫌っているものとする。
indexはインデックスとする。

カテゴリー

すべての記事は、何らかのカテゴリーに属する。
自分としては、大雑把な分割というイメージ。
noindexな記事も含まれて、量が膨大になる。

子カテゴリーを作ることもできる。
その場合、同一の記事が親子でのることになる。

All in One SEO Pack の場合。
インデックス(index)を許可すると、子カテゴリーも許可することになる。
この辺の微調整が難しいようにみえる。

タグ

好きな編成にできる。指定しなくてもよい。
複数のカテゴリーをまたぐことができる。
よくタグの重複を問題にする人がいるが、カテゴリーもその点は同じだ。
親子のような構造はない。

違いを認識するか

Googleはカテゴリーとタグの違いを認識するのだろうか。
これがさすがにわからない。
どちらも自動生成ページと思うんだけど。
みなさんはどう思います?

Googleはジャンルを意識する SEO

ジャンルを意識して、記事とサイトの評価をしていると思う。
精密な統計を取ってるわけではないけど。

結論からいうと、多ジャンルを扱いたい場合。
いくつかのサイトにバランスを考えて分けざるを得ない。
以下は、その理由について。

ジャンル分けは何によって行われるか。
一つには、被リンクが大きいと思う。
被リンクを受ければ、このサイトのジャンルはこれである、と想定しやすい。

サイト色(ジャンル)がはっきりしてくると、それ系の記事をGoogleは特に評価してくる。
そうするとサイト管理人としても、記事作成時にジャンルを意識する。
その順循環で、さらにそのサイトの色が濃くなっていく。

他のジャンル、つまり同サイトの他のカテゴリーの記事はどうなるか。
やはり評価が低いように感じるし、サイトの隅に埋もれるような感じになってしまう。
そうなるとそのカテゴリーを、別のサイト管理人が評価して、リンクをはるということは余計に難しくなる。
でもそのジャンルは、今は日が当たってないだけで可能性はあるのかもしれない。

そういうわけで複数サイト運営という方針をとらざるを得ない。
Googleが、ドメインを意識することとも無関係ではないだろう。
このドメインは何々系、と簡略に分類したがっているであろう。

updatedがありません

サーチコンソールの構造化データのエラー、「updatedがありません」。
一般投稿(個別記事)ページでエラー発生する場合の対処方法。

ただし、当方使用のテーマにおいては、という話になります。
他のテーマだと違うかもしれないので、参考程度で。

何かのタイミングでupdatedな日付情報が抜けるようだ。
下書きしたからとか、カテゴリーを変えたからとか、そういうのが原因かな?

対処方法ですが、当方では該当記事を更新するだけで是正されます。

カテゴリーでエラーが出たときはどうするか。
これは中の個別記事が問題になっているので、該当個別記事を探して更新する。
サーチコンソールでupdatedの項目が抜け落ちている記事を探します。

site:でインデックス数を調べる

GoogleやBingへのインデックス登録状況を簡単に調べることができる。

調べ方

「site:~.com」と打ち込むだけ。~はドメインです。

記事数が少ない場合、「site:~.com」をページ内検索して数を確認できる。

どのカテゴリーがインデックスされているかを調べることもできる。
カテゴリーページのurlにcategoryを使っているとする。
「site:~.com/category」と入力すれば、そのurl以下のものを表示するのだ。

インデックスされない原因

インデックス数が極端に少ないあるいはまったく登録されない原因としては、次のことが考えられる。

  • 独自ドメインでない。
  • サイトマップは送信したか。
  • robots.txtにミスはないか。
  • サイト全体にnoindex指定していないか。

インデックス登録の申請方法

最初のうちは被リンクが少ないので、こちらから申請するしかない。
サーチコンソールに「Fetch as Google 」という申請用アイテムがある。
サイトマップ登録だけではすぐにインデックスされないので、「Fetch as Google 」でひたすらurlを叩こう。

最近は「Googleロボット確認」という番人が、執拗に立ちはだかる。
めげてはいけない。間違っているのはGoogleなのである。
一生懸命書いた記事なのだ。
しつこく申請しよう。

インデックス数は重要か

インデックス数が増えればいいのかというと、そうでもないようだ。
結局、流入という最終結果につながるかが問われている。
でも記事数自体がステータスになりうる、という説もよく聞く。