Twitterの始め方

Twitterはおもしろい

もっと早くやればよかった。
情報源やコミュニケーションのツールとして申し分ない。

電話番号とかメールとか最初に聞かれるけど、これは本人認証に使われる。

ただしプライバシー保護のために、一定の設定が必要で、それは後述する。
広告メールなどは来ないので安心していい。

スマホアプリを利用すべきか

Twitterのアプリは必要権限がたくさん並んでいる。
でもブラウザ上でも閲覧できるから、それなら権限も何も関係ない。

アプリのほうが動作が早いと思うが、ブラウザオンリーでもいいわけだ。
実感としては、アプリ利用によるデメリットは感じない。

アカウント作成のコツ

以下のTwitterサイトでアカウントは簡単に作れる。
https://twitter.com/?lang=ja

【アカウント作成で重要な注意点】

  • アプリから登録しない方が無難か。
    ブラウザで、Twitterサイトに行って登録する。
  • パスワードは長めにして、別所にコピーを保存しておく。
  • 名前に実名を使用しない。
    これらの情報は後で変更できるので、すべて適当に決めて良い。
  • 途中で「連絡先」のアップロードを求められるが、それに応じない。
    後でもアップロードはできる。

アカウント作成の手順

メアドと電話番号を用意しておく。
本人認証のために使用するということなので問題なければそのまま入力しよう。

先に述べた【アカウント作成で重要な注意点】に気をつけて。

一通り入力を終えると、メール確認を催促される。
メールのリンクからログインしてTwitterアカウント成立となる。

プライバシーとセキュリティの設定

真っ先に行うべきは、プライバシーとセキュリティの設定である。
基本的にプライベート情報は公開しないに限る。
初ツイートの前に設定しておこう。

パソコンブラウザ版だと右上のアカウントマークから行ける。
「設定とプライバシー」をクリック。
左側のメニューに「プライバシーとセキュリティ」があるのでクリック。

スマホブラウザ版でもスマホアプリ版でも同様の設定ができる。
ただ設定場所は微妙に違うかもしれない。

【重要なプライバシー設定】
余計な情報を与えなければ無難ということだ。
深く考えず、とりあえず次のように設定しよう。

  1. 「位置情報付きでツイート」。チェックを外す。
  2. 「メールアドレスの照合と通知を許可する」。チェックを外す。
  3. 「電話番号の照合と通知を許可する」。チェックを外す。
  4. 「連絡先」。アップロードしない。

【ダイレクトメールの設定】
次のように設定すれば、面倒が少ない。

  1. 「すべてのユーザーからダイレクトメッセージを受信する」。チェックを外す。
  2. 「既読通知の送信/受信」。チェックを外す。

快適なTwitterライフ

快適なTwitterライフを営むために、最低限必要と思われるものを述べました。

自分としては政治情報に触れて欲しい。
今、日本のテレビなどの報道機関は、公正な報道はまるっきりできていないと思う。
政治ニュースについてのツイートに触れていくだけで、隠れたこの国の姿が見えてくる。

これはウェブ検索だけでは、補えきれない。
例えばGoogle検索だが、順位はGoogleが勝手に決める。
でも人にはそれぞれの立場があり、ただ一つの順番というものは存在しない。
Google(広告会社)は権威を尊んでいて、一般の有識人の声を拾い上げる能力が低い。

重い時は簡易HTML Gmail

久しぶりに、新しいGoogleアカウントを追加した。
Gmailが標準HTMLに戻っていた。
標準を使ってほしいようだが、自分には不要だ。
以下が、切り替え方法となる。

  1. 複数アカウントを持つ場合は、一旦ログアウト。
  2. 簡易HTMLに変更したいアカウントでログイン。
  3. 「簡易HTML」と入力し、公式ヘルプページを検索する。
    投稿時現在での簡易HTMLヘルプページ
  4. 公式ヘルプページにある、簡易HTMLで表示するためのリンクをクリック。
    投稿時現在では、ヘルプページの最下方にある。
    簡易HTMLでの表示に成功。
  5. 開いた簡易HTMLの上方に、「常に簡易 HTML 形式で表示」のリンクがある。
    クリックして完了。

ブラウザ(インターネット)が遅い

ブラウザ(Chromeを使用)が重いというか、インターネットのページ読み込みが遅いと感じた。
今回、試してみたのは二つ。

ネットワークと共有センターでIPv6の設定

コントロールパネル→ネットワークと共有センター→「実際に自分が使用している接続」の状態→プロパティ。
そこに、「インターネット プロトコル バージョン」の設定がある。
IPv4とIPv6があり、IPv6の方が速度が速い。

IPv6が利用できない場合、チェックを外したほうがいいという情報がある。
利用できるかどうかを調べるのは簡単。
当方ではIPv6のみチェックを入れたところ、接続されなかった。
というわけで、IPv4にのみチェックを入れることにした。

この「インターネット プロトコル バージョン」の設定は以前行った記憶がある。
なんらかのタイミングで、Windowsの設定がリセットされたようだ。
遅くなっていた原因の可能性がある。

タスクマネージャーで基本優先度を変更

細かい説明は割愛します。
Windowsのタスクマネージャーを開く。
詳細タブを開くと基本優先度という項目があって変更できる。

ポイントだけ上げると次の通り。

  • 基本的な仕組みとしては閲覧しないタブは低になり、閲覧中のタブは通常になる。
  • リアルタイムはやめて、高までにした方がいい。
  • タブごとに指定できるようだが効果は不明。
    Chrome付属の「タスク マネージャ」を見ながら閲覧中のタブのプロセスIDを調べることになるが、それが面倒くさい。
  • ショートカットを作成して優先度を最初から指定するという方法があるが、個別タブには反映されない。
    ブラウザ本体だけ優先度を上げて、それで速度が上がるかは不明。

不明なことばかりだが、どうしても読み込みが遅いと感じる場合は試してみては?
体感的には少し改善されたように感じる。

タブの複製

おまけ。
「タブの複製」であっさり読み込む場合がある。

Google音声入力はバカ

使いものにならないでしょ。
変換率めっちゃ悪い。
たまに自画自賛の記事が出てるよね。
マイクロソフトと変わらないね。

国(くに)って入力しようとしたわけ。
なんて出たと思う?「ク**」だって。

伏せればいいってものじゃないと思う。
不愉快な言葉は表示しないっていう機能。
もしかしてこれのことですか?
バカでしょ、考えが。
普通そういうことではないですよね。

Gmail なりすましを看破?

私は、メールはGmailを利用しています。
この度Gmail君が、初めて迷惑メール指定してきました。

オトクーポンリニューアルのお知らせメールなんだけど、これ真偽はどうなんだ。
調べてもよくわからなかったんで記事にすることにした。
はっきりいってオトクーポン自体が迷惑メール化してる感がなくもないが。

どこからメールが来てるかということなんですが。
@マーク以下がどうなっているかという点のみを言いますね。

通常は「otpn.jp」となっています。
で、今回の迷惑メールだけ「smc.otpn.jp」と微妙に違う。
現時点でよくわからないので放置することにしますけど。
そういうタイプのメールはあるようなのでみなさんもご用心を。
要するに世にいうフィッシングというやつです。
今回の件もパスワード打ち込めと言ってきてるんで、どうしたものか。

追記

なんとなく書いた記事がおもったより閲覧されてしまった。
考えてみれば指定されたログインページを調べればいいだけだった。
ただのサブドメイン?か?
Gmail君が「こいつ怪しくね!?」っていうからさ。
そかなって思っちゃったわけ。
でもツリはあるらしいから、どちらにしても用心するにこしたことない。

特定サイトだけパスワード保存

セキュリティ的に、パスワードをブラウザに保存したくない。
でも某サイトだけは頻繁に使うので、そのパスワードは保存したい。
年中パスワードを保存しますか、と聞かれるのも鬱陶しい。

このように悩ましい場合は、自己管理するしかないです。
ブラウザはChromeです。

パスワード保存を聞かれなくなったという場合も、以下の方法による。

管理方法

「設定」を開き最下方に進み「詳細設定を表示」をクリック、「パスワードとフォーム」へ。
「パスワードの保存を確認する」が該当場所です。
ここにチェックを入れれば、保存するか毎回聞いてきます。
逆にチェックを外せば、いちいち保存するか聞かれなくて済みます。

シークレットモードを見やすくする

Chromeのテーマを変更

デフォルトのシークレットはわざと見にくく作ってるわけですよ、urlのボックスとか。
でも一人住まいの私には不要です。

Chromeのテーマ変更初めて利用しました。
「設定」から行けます。カテゴリで「By Google」を選びました。
たぶんGoogleが提供しているテーマでしょう。

テーマ「Pencil Sketch」にしました。
レビューは低いがシークレットでは見やすいです。
「By Google」のリストそんなに多いわけじゃないから見やすいものを気分で選んだらいいと思います。

Kindleの手動アップデート

簡明な世代確認方法

手動アップデートにはKindleの世代情報が必要。
その世代についてだが、見分け方とか必要ない。
Paperwhiteだろうがなんだろうが明記されているわけだから。

AmazonのPC用サイトにてログインする。
上方メニューの「アカウントサービス」から「コンテンツと端末への管理」へと進む。
さらに「端末」タブをクリックすれば、そこに世代情報が明記されている。

手動アップデートの手順

世代確認が終われば次です。
該当する世代のAmazon提供ダウンロードページを検索サイトで探します。
「kindleアップデート 第○世代」などと、実際の世代を打ち込みます。

最新版ソフトウェアのダウンロードリンクがはられている。
拡張子はbinとなっている。

後はダウンロードファイルをどのように回すかだが。
スマホのテザリングを利用している場合は、スマホに直接ダウンロードする。
例えば、スマホ→パソコン→Kindleという具合にファイルを移動させる。
最終的に所有のKindleに移動させればOK。

Amazonの説明によると、「Kindleのディレクトリ」に移動させよ、とある。
これが少しわかりにくいが、要するにKindleの一番上の位置に移動させよという意味です。
直下にフォルダがあるが、その直下フォルダ内には移動させてはいけない、と言っている。

あとは接続を外し、Kindleだけでアップデート処理が完了できる。

ファイルを間違えた場合

世代の違うファイルを移動させるとerrorが出る。
自分はこれにはまったんだけど、やり直しは効く。

ただし失敗した際の残骸ファイルを、Kindle内に残さないことがポイントだ。
パソコンを使ってあらかじめ残骸ファイルは削除しておこう。

スマホアプリのインストールは用心深く

Googleによると、Android?つまりスマホがウイルス感染することはないという話でした。
要するにアプリからしか感染経路がない。

提供元不明のアプリの設定

周知の事実と思いますがあえて書きます。
提供元不明のアプリのインストールを許可しないようにしておかなければならない。
サイト等で何かをクリックさせるのは容易なのです。
この点さえ守っておけば、スマホの損失や、意図しない情報漏えいなどは防げる。
設定→セキュリティ→提供元不明のアプリ。
これをオフにし許可しない状態にします。

Google Play は安心のブランドではない

Google Playから偽物アプリにより200万人がマルウェア感染。
このようなマルウェアを、「FalseGuide」という。

Googleに責任があるかと思いきや、インストールするかはユーザー責任であるとしてノータッチのようだ。
「所詮この程度の会社ですよ、Googleなんてのは」
と誰かが言ってるかもしれない。
アプリの選択時点で、ユーザーが注意せねばならない。

アプリ名とその提供元が、正確に合致することを確認しよう。
さらに、ユーザー数のみではなく経過時間もチェック。
ある程度の期間において使われ続けているものを選べば、リスクは少し減るかと。

しつこいロボット確認は基本放置

Googleで「私はロボットではありません」にチェックせよ、といってくるやつ。
おまえロボットじゃないの?と執拗に聞いてくるやつの話です。

汚い解像度の低い写真いくつも並べて。
ガソリンスタンドはどれですかとか、街区表示はどれですかとか。
写真が汚くて見えないっての。

たぶんいつまでもは言わない

普通に検索してても、これが出てくる人がいるようだ。
私の場合は検索時ではない。
検索時にクローラ(要するにロボット)を使用する個人が増えたということだろう。

この解決策ではっきりしたものは私にはわからない。
傾向としては単純で、同じ挙動を繰り返すと疑ってくる。
何度も疑われるようであれば、一旦、検索エンジンを変えよう。
時間が経てばクリアされる可能性がある。

Googleドライブの設定など

テキストやPDFへスムーズに変換できるGoogleドライブ。
設定などで気づいた点をメモしました。
後半はスマホ版に関してです。

クイックアクセスを非表示

デフォルトでは、クイックアクセスというファイルの縮図が出ます。
あれ正直、鬱陶しいですよね。
なんの事はないGoogleドライブの設定で非表示にできるのでした。
PCとスマホ、どちらも設定変更できる。

ファイルの削除ができない場合

ドライブ上でテキストファイルなどに変換した場合、削除できないことがある。
削除のコマンドが見当たらないのです。
この場合は、先に「オフラインで使用可」をオンにする。
理由はわからないですが、それにより削除コマンドを表示させることができる。

通知も非表示

ファイル変換するといちいち通知が来たりする。
これはご存じかもしれないけど、スマホ自体の設定で通知オフにできます。

以上です。

ffftpにTeraPadを登録する

ffftpのファイルビューアとしてTeraPadを登録します。
環境は、Windows 10です。
実行プログラム(今回はTeraPad)の場所を探す必要があります。

ffftp

ffftpを開き、オプション→ツールで設定できる。
初期設定では、notepadが登録されている。
実行プログラムの場所を入力すればいいですね。

すべてのアプリからショートカットを探す

左下メニュー(Windowsマーク)からショートカットを探します。
左下メニュー→すべてのアプリ→TeraPad(フォルダマーク)→TeraPad。
フォルダマークでない方のTeraPadを右クリックします。
「その他」→「ファイルの場所を開く」と選択します。

ファイルの場所を開く

TeraPadショートカットを右クリックし、「ファイルの場所を開く」を選択します。
TeraPad.exe、つまり本体が見つかりました。
上方のボックスをクリックして、「C:\Program Files (x86)\TeraPad」を表示させる。

これをffftpに入力すれば完了です。

 

UTF-8NとUTF-8の違い 文字化けしないのは

今はweb上のものは、多くはUTF-8を使うんだそうです。

BOMなしはUTF-8N

文字化けの原因はBOMという、おせっかいな仕組みが原因。
文字化けしないのは「BOMなし」の方。

そして例えばTeraPadではUTF-8NとUTF-8の2種類があるのです。
「BOMなし」に該当するのは、どちらか。
ずばりUTF-8Nのほうです。

つまりUTF-8Nの選択肢があればUTF-8N。
なければUTF-8でよい。

UTF-8Nというのはソフトの中だけの呼称だそうです。
つまりUTF-8Nという選択肢がある場合に限り、UTF-8Nの方を使う。

アップロード時の改行コード

これがよくわからない。
でも経験的には、たぶんどれでもいい。
サーバ側で指定してきているなら、合わせる必要があるかな。

「はい」だけでOK 新しい2段階認証

「はい」だけになりました。
そんなわけないだろうと思ったら本当に「はい」だけだった、という話。

メリットは、パソコンなどでGoogleアカウントからログアウトしやすくなったこと。
デメリットは不明で、なぜ最初からそうしなかったのか?

2段階認証は設定したほうがいい

Googleアカウントに紐付けされたサービスを多く利用している人。
その人は乗っ取り対策したほうがいいよね。
メールだって他人に見られたくないでしょ。
まれだろうけどパソコン盗まれた場合も有効に働く。
それがより簡単になったというのだから設定してみてはいかがですか。

Googleからのメッセージを選ぶ

2段階認証プロセス

ポイントとしてはこの画面になる。
先に2段階認証を済ませているものとする。
その前提で再び2段階認証プロセスに入ったのがこの画面だ。

真ん中の「Googleからのメッセージ」が新2段階認証にあたる。
電話番号を追加をクリック、あとは指示に従えばいい。
完了後は「はい」だけでログインできる。

「信頼できる」デバイスとは

「信頼できる」デバイス すべて取り消す
2段階認証プロセスの最下方では、「信頼できる」デバイスの設定ができる。
私には最初、この部分の表記が分かりにくく感じたので説明する。

2段階認証は個別のデバイス(パソコンやスマホ)ごとに、信頼できるかどうかのステータスを付すことができる。
ログイン画面で、チェックマークと「このパソコンでは次回から表示しない」の一文が表示される。
チェックマークを付せばそのデバイスは「信頼できる」とみなされる。
以後は、数字の入力なしでそのままログインできるようになる。

上の画面で「すべて取り消す」という青字のリンクがある。
クリックすると、すべてのデバイスにおいて、この「信頼できる」ステータスがクリアされる。

keyとなるスマホが不測の事態で機能しない場合は、これをクリックしてはならない。
すべてのデバイスでログイン不能となることを意味する。

Kindleコレクションの名前が変更できない

Kindle Paperwhiteを購入したのだからKindleアプリでは読まない。
そういう硬派な御仁に、情報提供します。

この場合、Kindle本の管理にもKindle Paperwhiteをお使いでしょうね。
しかしKindleにはクラウドの概念があり、Kindle Paperwhiteだけでは完全管理ができない。

例えば、Kindle Paperwhiteで、コレクションの名前が変更できない場合があります。
その際「クラウドにあります」などとエラーがでる。

クラウドのコレクションとはいずこに

クラウド管理に関してです。
現時点のスマホ用サイトでは、たぶんできない。
結論。パソコン用サイトならクラウド管理ができます。

つまり、さきの名前が変更できなかった理由ですが。
以前にKindle Paperwhiteで削除したコレクションが、クラウドの方だけに残骸として残っていたというわけ。
この残骸(コレクション)を削除すれば、問題解決となります。