重い時は簡易HTML Gmail

久しぶりに、新しいGoogleアカウントを追加した。
Gmailが標準HTMLに戻っていた。
標準を使ってほしいようだが、自分には不要だ。
以下が、切り替え方法となる。

  1. 複数アカウントを持つ場合は、一旦ログアウト。
  2. 簡易HTMLに変更したいアカウントでログイン。
  3. 「簡易HTML」と入力し、公式ヘルプページを検索する。
    投稿時現在での簡易HTMLヘルプページ
  4. 公式ヘルプページにある、簡易HTMLで表示するためのリンクをクリック。
    投稿時現在では、ヘルプページの最下方にある。
    簡易HTMLでの表示に成功。
  5. 開いた簡易HTMLの上方に、「常に簡易 HTML 形式で表示」のリンクがある。
    クリックして完了。

Gmail なりすましを看破?

私は、メールはGmailを利用しています。
この度Gmail君が、初めて迷惑メール指定してきました。

オトクーポンリニューアルのお知らせメールなんだけど、これ真偽はどうなんだ。
調べてもよくわからなかったんで記事にすることにした。
はっきりいってオトクーポン自体が迷惑メール化してる感がなくもないが。

どこからメールが来てるかということなんですが。
@マーク以下がどうなっているかという点のみを言いますね。

通常は「otpn.jp」となっています。
で、今回の迷惑メールだけ「smc.otpn.jp」と微妙に違う。
現時点でよくわからないので放置することにしますけど。
そういうタイプのメールはあるようなのでみなさんもご用心を。
要するに世にいうフィッシングというやつです。
今回の件もパスワード打ち込めと言ってきてるんで、どうしたものか。

追記

なんとなく書いた記事がおもったより閲覧されてしまった。
考えてみれば指定されたログインページを調べればいいだけだった。
ただのサブドメイン?か?
Gmail君が「こいつ怪しくね!?」っていうからさ。
そかなって思っちゃったわけ。
でもツリはあるらしいから、どちらにしても用心するにこしたことない。

Kindleの手動アップデート

簡明な世代確認方法

手動アップデートにはKindleの世代情報が必要。
その世代についてだが、見分け方とか必要ない。
Paperwhiteだろうがなんだろうが明記されているわけだから。

AmazonのPC用サイトにてログインする。
上方メニューの「アカウントサービス」から「コンテンツと端末への管理」へと進む。
さらに「端末」タブをクリックすれば、そこに世代情報が明記されている。

手動アップデートの手順

世代確認が終われば次です。
該当する世代のAmazon提供ダウンロードページを検索サイトで探します。
「kindleアップデート 第○世代」などと、実際の世代を打ち込みます。

最新版ソフトウェアのダウンロードリンクがはられている。
拡張子はbinとなっている。

後はダウンロードファイルをどのように回すかだが。
スマホのテザリングを利用している場合は、スマホに直接ダウンロードする。
例えば、スマホ→パソコン→Kindleという具合にファイルを移動させる。
最終的に所有のKindleに移動させればOK。

Amazonの説明によると、「Kindleのディレクトリ」に移動させよ、とある。
これが少しわかりにくいが、要するにKindleの一番上の位置に移動させよという意味です。
直下にフォルダがあるが、その直下フォルダ内には移動させてはいけない、と言っている。

あとは接続を外し、Kindleだけでアップデート処理が完了できる。

ファイルを間違えた場合

世代の違うファイルを移動させるとerrorが出る。
自分はこれにはまったんだけど、やり直しは効く。

ただし失敗した際の残骸ファイルを、Kindle内に残さないことがポイントだ。
パソコンを使ってあらかじめ残骸ファイルは削除しておこう。

スマホアプリのインストールは用心深く

Googleによると、Android?つまりスマホがウイルス感染することはないという話でした。
要するにアプリからしか感染経路がない。

提供元不明のアプリの設定

周知の事実と思いますがあえて書きます。
提供元不明のアプリのインストールを許可しないようにしておかなければならない。
サイト等で何かをクリックさせるのは容易なのです。
この点さえ守っておけば、スマホの損失や、意図しない情報漏えいなどは防げる。
設定→セキュリティ→提供元不明のアプリ。
これをオフにし許可しない状態にします。

Google Play は安心のブランドではない

Google Playから偽物アプリにより200万人がマルウェア感染。
このようなマルウェアを、「FalseGuide」という。

Googleに責任があるかと思いきや、インストールするかはユーザー責任であるとしてノータッチのようだ。
「所詮この程度の会社ですよ、Googleなんてのは」
と誰かが言ってるかもしれない。
アプリの選択時点で、ユーザーが注意せねばならない。

アプリ名とその提供元が、正確に合致することを確認しよう。
さらに、ユーザー数のみではなく経過時間もチェック。
ある程度の期間において使われ続けているものを選べば、リスクは少し減るかと。

しつこいロボット確認は基本放置

Googleで「私はロボットではありません」にチェックせよ、といってくるやつ。
おまえロボットじゃないの?と執拗に聞いてくるやつの話です。

汚い解像度の低い写真いくつも並べて。
ガソリンスタンドはどれですかとか、街区表示はどれですかとか。
写真が汚くて見えないっての。

たぶんいつまでもは言わない

普通に検索してても、これが出てくる人がいるようだ。
私の場合は検索時ではない。
検索時にクローラ(要するにロボット)を使用する個人が増えたということだろう。

この解決策ではっきりしたものは私にはわからない。
傾向としては単純で、同じ挙動を繰り返すと疑ってくる。
何度も疑われるようであれば、一旦、検索エンジンを変えよう。
時間が経てばクリアされる可能性がある。

Googleドライブの設定など

テキストやPDFへスムーズに変換できるGoogleドライブ。
設定などで気づいた点をメモしました。
後半はスマホ版に関してです。

クイックアクセスを非表示

デフォルトでは、クイックアクセスというファイルの縮図が出ます。
あれ正直、鬱陶しいですよね。
なんの事はないGoogleドライブの設定で非表示にできるのでした。
PCとスマホ、どちらも設定変更できる。

ファイルの削除ができない場合

ドライブ上でテキストファイルなどに変換した場合、削除できないことがある。
削除のコマンドが見当たらないのです。
この場合は、先に「オフラインで使用可」をオンにする。
理由はわからないですが、それにより削除コマンドを表示させることができる。

通知も非表示

ファイル変換するといちいち通知が来たりする。
これはご存じかもしれないけど、スマホ自体の設定で通知オフにできます。

以上です。

ffftpにTeraPadを登録する

ffftpのファイルビューアとしてTeraPadを登録します。
環境は、Windows 10です。
実行プログラム(今回はTeraPad)の場所を探す必要があります。

ffftp

ffftpを開き、オプション→ツールで設定できる。
初期設定では、notepadが登録されている。
実行プログラムの場所を入力すればいいですね。

すべてのアプリからショートカットを探す

左下メニュー(Windowsマーク)からショートカットを探します。
左下メニュー→すべてのアプリ→TeraPad(フォルダマーク)→TeraPad。
フォルダマークでない方のTeraPadを右クリックします。
「その他」→「ファイルの場所を開く」と選択します。

ファイルの場所を開く

TeraPadショートカットを右クリックし、「ファイルの場所を開く」を選択します。
TeraPad.exe、つまり本体が見つかりました。
上方のボックスをクリックして、「C:\Program Files (x86)\TeraPad」を表示させる。

これをffftpに入力すれば完了です。

 

UTF-8NとUTF-8の違い 文字化けしないのは

今はweb上のものは、多くはUTF-8を使うんだそうです。

BOMなしはUTF-8N

文字化けの原因はBOMという、おせっかいな仕組みが原因。
文字化けしないのは「BOMなし」の方。

そして例えばTeraPadではUTF-8NとUTF-8の2種類があるのです。
「BOMなし」に該当するのは、どちらか。
ずばりUTF-8Nのほうです。

つまりUTF-8Nの選択肢があればUTF-8N。
なければUTF-8でよい。

UTF-8Nというのはソフトの中だけの呼称だそうです。
つまりUTF-8Nという選択肢がある場合に限り、UTF-8Nの方を使う。

アップロード時の改行コード

これがよくわからない。
でも経験的には、たぶんどれでもいい。
サーバ側で指定してきているなら、合わせる必要があるかな。

Kindleコレクションの名前が変更できない

Kindle Paperwhiteを購入したのだからKindleアプリでは読まない。
そういう硬派な御仁に、情報提供します。

この場合、Kindle本の管理にもKindle Paperwhiteをお使いでしょうね。
しかしKindleにはクラウドの概念があり、Kindle Paperwhiteだけでは完全管理ができない。

例えば、Kindle Paperwhiteで、コレクションの名前が変更できない場合があります。
その際「クラウドにあります」などとエラーがでる。

クラウドのコレクションとはいずこに

クラウド管理に関してです。
現時点のスマホ用サイトでは、たぶんできない。
結論。パソコン用サイトならクラウド管理ができます。

つまり、さきの名前が変更できなかった理由ですが。
以前にKindle Paperwhiteで削除したコレクションが、クラウドの方だけに残骸として残っていたというわけ。
この残骸(コレクション)を削除すれば、問題解決となります。