ポナンザ敗れる 世界コンピュータ将棋選手権2017

Poznan Chainer とは

ポナンザは最近ディープラーニングを取り入れたことで話題でした。
それを節目として、Ponanzaからponanza chainerに呼び名を変えたのですね。
この記事ではポナンザとしましょうか。
結果からいうとポナンザは優勝できませんでした。

全勝優勝はelmo

優勝は全勝のelmoというソフトです。
私はこの名前は初めて聞きました。
優勝直後にソースを無料公開しているとか。
ダウンロードできるんですかね?

敗因予想

私、AlphaGoの強さを目の当たりにして、ディープラーニング最強と感じました。
ディープラーニングを組み込んだnewポナンザはなぜ負けたのでしょうか。

ディープラーニングは深層学習という言い方もします。
たぶんだけど、学習期間が短かったのじゃないだろうか。
また一概にディープラーニングと言っても、調整するのは人間だからね。
ディープラーニングの敗北とは私はとっていません。
ポナンザの肩を持つわけではないが、次回はこのようにならないと予想します。
別に特にポナンザのファンでもないしね。

しかしelmoの強さは疑いようがありません、だってそうでしょう。
elmo > ポナンザ >(?) 人間名人 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> ただの将棋好き。
現時点の構図はこうなってますから。
年々、ソフトの強さは更新されているようです。
来年も楽しみです。

棋譜の感想

ぱっと見の素人感想でよければ。
まず不思議に思ったのはelmoが左側の金の動きをなかなか決めなかったことだ。
昔、自分が指していた頃は、やぐらか振り飛車かという感じで守りが固いほうが本格派みたいな感じだった。
バランスをとった布陣から空中戦を繰り広げるのが最近のあれなんですかね。
結局、金は右のほうにいったんは寄って。
ポナンザからの仕掛け、elmoとしては差し切り狙いという展開でしたね。
人間の感覚だと目途が立たないと攻撃というものは仕掛けにくいものかと思う。
そこを読み誤っているのがポナンザ側にはまだ改良余地がありそうじゃないですか?
神の域と呼べる域まではまだだいぶあるような気がする。
人間は基本的には抜かれてると思うけどね。

カテゴリーメニュー